本文へスキップ

ミシン選びのコツは購入後の使用頻度と用途も考えることです。

ミシンの選び方

最初は金額で選ばない

あなたにぴったりな賢いミシンの選び方/最初は金額で選ばない

初めてのミシン選びは予算から入ってしまいがちです。 とりあえず普通に縫えればいいからなるべく安いミシンを、と性能にはあまり こだわらないで選ぶ方も多いのではないでしょうか。 ですが普通に縫えるといっても、初心者と上級者では縫いたい物が違います。 後悔しないミシン選びのためには、どんなものを作るのか、 どのくらいミシンを使うことになるか、それに合わせてミシンを探すことです。 買った後の事をイメージするのが難しければ、ミシンを買ったらどんなふうに 使ってみたいかという希望でも良いでしょう。 考えた結果に安いミシンになることはあっても、初心者だから一番安いのでいいや、 という発想ではいけません。


1万円のミシンはおもちゃ?

ミシンを長く使っている人やミシン屋では、1〜2万円のミシンはおもちゃだよ、 と話をされることもあります。 ですが必ずしもそうとは言えません。 その人がミシンを使う頻度、作ろうとしているものによっては1万円で購入できる ミシンでも充分なこともあるからです。 一回だけ使う予定があってその後はいつ使うか分からないような場合ですと、 何年間は押入れにしまいっぱなしになるかもしれないので、 本当に安いミシンをとりあえず買っておけばよかったりします。 ですが安いミシンの中には実際におもちゃのようなものもありますので、 説明書や機能をしっかり見て、同じ値段でも性能のいい物を見つけて選びましょう。


使用頻度は

ミシンを購入したら年にどのくらい使うのか考えてみましょう。 年に1回程度なのか、毎月あるいは毎週使うのか。 良く使う人ほど安いミシンでも使いこなせ、あまり使わない人ほど 高いミシンでなければ使いこなせません。 使用頻度が高い人はミシンに慣れている分、機能が制限されていたり難しい技術が 必要でも使いこなす事が出来るのです。 一方使い慣れていない人は、操作の簡単なミシンで機械に助けてもらわないと、 久しぶり使う時に上手く使えないという事になります。 これを踏まえたうえで必要となる性能を考えると、自分に合うミシンが見つけ やすいかもしれません。