本文へスキップ

ミシン選びのコツは購入後の使用頻度と用途も考えることです。

使用頻度

雑巾だけしか縫わない

あなたにぴったりな賢いミシンの選び方/雑巾だけしか縫わない

買った後にとりあえず1回使うけど、その後は年に1回使うかどうかもわからない、 ということが予想出来る方は、1万円前後の安いミシンで充分でしょう。 たった1回使うために高価なミシンを購入した場合、1作品あたりの単価は 数万円ということになってしまいます。 ミシンを買っても雑巾くらいしか作らない、程度の方はそもそもミシンを 買わないほうが良いでしょう。 雑巾しか縫わないのでは元が取れませんし、すぐに押入れの肥やしになります。 そのミシン代で雑巾を買ったほうが安いし早いです。 ミシンを買うなら趣味や実務で必然性を感じた時に購入を考えるべきです。 興味がなかったり使用頻度が少ない人には、それが良いミシンでも悪いミシンでも 満足する買い物にはならないからです。


標準レベルは5万円

使用頻度が比較的多いと分かっている場合や、まだ初心者だけれどこれから 手芸にはまっていく可能性が高い、子供や自分の洋服を縫ってみたい、 どんなものが作れるか試してみたいのでストレスなく縫えるミシンで楽しく 上達していきたい、と考えている方もいるでしょう。 また使用頻度は多くなくてもミシンを買ったら長く大事に使っていきたいので、 後で後悔しない為にも標準レベルのミシンが欲しいという方もいるでしょう。 こういった方には5万円程の家庭用ミシンがお勧めです。 初心者でも苦労せず扱えるミシンで長く手芸を楽しみたいのなら、 一般的によく言われる安心して使えるミシンの1つの目安として、価格帯が5万円で 信頼できるメーカーの家庭用ミシンを買うのが良いとされています。


1〜3万円の価格帯

長く使うかもしれない場合、将来的なコストパフォーマンスを考えると 5万円前後のミシンがお勧めですが、使う方次第では1万円〜3万円のミシンでも 良い買い物となります。 10年使えるミシンよりも気軽に購入することができ、簡単な手芸に使えれば それで良いというニーズであれば、この価格帯のミシンでもしっかり応えてくれます。 今はどうしても必要だけど、数回使った後は次に使うかどうかも分からない、 という方にお勧めでしょう。 しっかり使うつもりで5万円のミシンを購入しても、実際には使わなくなって しまったら勿体無い買い物になってしまいます。 基本的に金額の低いミシン程コンパクトですので、収納が楽ちんです。